ユーザとの近接関係に基づいた最近傍センサノード検知とデータ取得手法の提案

小島 一允  樫原 茂  横山 輝明  奥田 剛  山口 英  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J92-B   No.1   pp.140-149
発行日: 2009/01/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (通信技術の未来を拓く学生論文特集)
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
無線センサネットワーク,  コンテクスト,  近接関係,  データ取得,  ZigBee,  

本文: PDF(530.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ユビキタス環境では,ユーザのコンテクストに応じた有用な情報やサービスを提供することが求められている.コンテクストはユーザの周囲の情報から構成される.現在,無線センサネットワークを用いることで,そうしたコンテクストを構成するセンシングデータを収集することが可能である.しかし,現在の無線センサーネットワークでは,収集したセンシングデータとユーザの対応関係を明らかにするために,追加の位置検知機構が必要となる.本論文では,WSN上で追加の位置検知機構を必要とせずに,ユーザの周囲のセンシングデータを取得する手法を提案する.提案手法では,ユーザとともに移動する端末が最近傍のセンサノードを検知し,そこからユーザの周囲のセンシングデータを直接取得する方法を提案する.また,ZigBeeセンサノード上に本提案手法を実装し,そのプロトタイプを用いて実環境において有効性の評価を行う.