シリーズレギュレータに適した高速起動型突入電流制限回路

ヘイン ソチェット  範 公可  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J92-A   No.7   pp.521-523
発行日: 2009/07/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
突入電流,  制限回路,  高速起動,  省面積,  シリーズレギュレータ,  

本文: PDF(402.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,パワーマネージメントICなどに内蔵されている複数のシリーズレギュレータ(以下LDO)が同時起動によって発生する大電流の突入電流問題を解決するために,LDOの突入電流制限回路を提案する.0.18 μmのCMOSプロセスで設計し,HSPICEによるシミュレーションを行った結果,LDOの出力コンデンサを10 [μF]にしたにもかかわらず,最大突入電流を144.1 [mA]以下に抑制することができた.更に,出力電圧の最大起動時間もわずか313 [μs]以内である.従来の基準電圧の起動特性の傾斜を制御する方法と違い,パワーMOSFETのゲート電圧を直接に制御することで外付けのソフトスタートコンデンサが不要となり,省面積かつ低コストの電源システムが実現できる.また,提案した回路の消費電流は4 [μA]のみである.