多値判別における2値判別機のゲーム理論的組合せ法

白石 友一  福水 健次  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J91-D   No.6   pp.1528-1537
発行日: 2008/06/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 人工知能,認知科学
キーワード: 
多値判別,  誤り訂正符号,  ゲーム理論,  ロバスト最適化,  

本文: PDF(219.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
2値判別機を組み合わせて多値判別を行うという方法は,その実装の容易性から様々な分野で用いられている.2値判別機の結果から最終的な多値判別の結論を出す方法としてはBradley-Terryモデルと誤り訂正符号のモデルを利用する方法がよく用いられる.しかし,これらの方法は推定された条件付確率の不確実性をクラスの決定に反映できないことが問題であった.本論文では,ゲーム理論に基づく新しい2値判別機の組合せ法を提案する.本論文の手法の特徴は,推定された条件付確率が不確実な状況において,どのクラスを選ぶべきかについての最適確率化戦略を,二次錐計画法により求めることができることである.理論的に興味深い点として,手法の解の存在がゲーム理論におけるミニマックス定理により証明されること,最悪の場合の誤判別率がエントロピーの概念と対応することなどが挙げられる.更に,本論文で提案する手法は既存の手法よりも誤判別率を改善することが数値実験により示される.