開発履歴中のソースコードを対象とした更新の重要度を評価する手法の提案

横森 励士  野呂 昌満  井上 克郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J91-D   No.4   pp.945-955
発行日: 2008/04/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: ソフトウェア工学
キーワード: 
ソフトウェア部品,  コンポーネントランク,  更新履歴,  メトリックス,  Java,  

本文: PDF(973.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
開発対象となるソフトウェアが大規模化するにつれて,進ちょくを把握し管理を適切に行うことが,極めて重要な要素となった.開発途中の生成物からLOCなどのメトリックスを抽出し,管理に利用している場面は多く見られる.しかし,開発中のソフトウェアに重大な影響を与える更新を抽出するには,LOCなどだけでは不十分で,更新履歴から変更内容を確認し,それによって生じる変化を理解する必要がある.本論文では,ソフトウェア部品間の利用関係の変化の度合を定量化することで,利用関係の変化という観点で更新履歴の中から重大な影響を与えた更新を抽出する手法を提案する.定量化においては,部品間の利用関係に基づいた順位であるコンポーネントランクを用い,更新前後間での各部品の順位の変動を評価基準とする.提案手法に基づきシステムを開発し実際のオープンソースプロジェクトに適用したところ,大規模な機能追加のほかに,コア部品に対する機能追加や,コードの作り直し,リファクタリングなどのメンテナンス作業が抽出できた.これらの更新は,LOCの変化量が少ないものも多く,提案手法はこれらの更新作業の抽出に有益であると考えられる.