依存性グラフを利用した非同期式パイプライン合成のための制御回路の構成法

籠谷 裕人  杉山 裕二  岡本 卓爾  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J91-D   No.2   pp.402-412
発行日: 2008/02/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータ構成要素
キーワード: 
非同期式制御回路,  非同期式パイプライン,  依存性グラフ,  制御モジュール,  信号遷移グラフ,  

本文: PDF(417.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では依存性グラフによるパイプラインの仕様から非同期式パイプライ ン制御回路を構成する方法を提案している.そのために,依存性グラフの各 ノードを制御モジュールとして実現し,これを依存性グラフのノード接続関 係に従って制御チャネルによって接続するという方針を採用している.制御 チャネルの実現方法として,非ゼロ復帰型とゼロ復帰型の2種類を検討し,そ れぞれの場合の各制御モジュールの入出力仕様を発見的に信号遷移グラフで 記述した後,petrifyにより論理合成を行っている.また,2種類の制御モ ジュールセットの比較により,遅延ではゼロ復帰型が,回路量と消費電力で は非ゼロ復帰型が有利であることを示す.