ピアアセスメントにおける評価者特性を考慮した項目反応理論

植野 真臣
ソンムァン ポクポン
岡本 敏雄
永岡 慶三

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J91-D    No.2    pp.377-388
発行日: 2008/02/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (教育システムにおけるプラットホームとコンテンツ開発論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
eラーニング,  協調学習,  CSCL,  3相データ,  ピアアセスメント,  

本文: PDF(597.5KB)>>
論文を購入



あらまし: 
近年,真正な評価活動の一つとして学習者同士による成果の相互評価,ピアアセスメント(Peer Assessment)と呼ばれる評価手法が注目されてきている.本論文では,ピアアセスメントにおける項目反応理論を提案する.具体的には,ピアアセスメントにおけるm段階評価反応に対応し,項目反応理論の一つである段階反応モデル(Graded Item Response model)に評価者の評価基準パラメータを加えたモデルである.その利点は,以下のとおりである.1. 各評価者のもつ評価基準が互いに異なる場合にも,同一尺度上での評価を行うことができる.2. 各評価者の特性を考慮した学習者の評価を行うことができ,結果として信頼性の高い評価を行うことができる.3. 欠測値をもつデータからモデルの各パラメータを容易に推定できる.4. 上記1~3の結果として,提案手法により学習者の成果評価の推定精度の向上が可能となる.5. 推定されたパラメータより,課題,評価者の特性評価が行える.また,本モデルを用いて,1. 評価者の評価基準の厳しさ,2. 評価者の評価基準の識別力,を導出し,評価者の分析に用いることを提案している.実際に提案手法を実データに適用することにより,本モデルの有用性を示した.