プログラミング演習評価と講義反応を連携させた理解の契機の抽出

田口 浩  糸賀 裕弥  山本 哲男  高田 秀志  島川 博光  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J91-D   No.2   pp.345-357
発行日: 2008/02/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (教育システムにおけるプラットホームとコンテンツ開発論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
理解の契機,  プログラミング教育,  C言語,  教育支援システム,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,理解に行き詰まっているプログラミング学習者に対する効率的で効果的な理解支援を実現するために,理解を促進させるきっかけである理解の契機を抽出する手法を提案し,それに基づく教育支援プラットホームの構築と実際の開講科目への適用結果について述べる.本手法では,講義での反応と演習の評価結果を連携させることにより,一連の学習過程に対する個人ごとの学習状況を把握した上で,ある特定の学習内容を理解できた学習者たちの学習状況から理解の契機を抽出する.抽出される理解の契機は講義スライドの一部であり,同内容の理解に行き詰まっている学習者に対してそれらの内容を中心とした復習を促すことで理解を支援できる.本手法を実現する教育支援プラットホームを構築し,大学でのC言語プログラミング科目に適用した結果,抽出された理解の契機の共用化により,多くの学習者の理解を向上させることができた.