学習者の操作プロセスに適応した対話型ソフト学習システム

入部 百合絵  藤原 真  安田 孝美  横井 茂樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J91-D    No.2    pp.269-279
発行日: 2008/02/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (教育システムにおけるプラットホームとコンテンツ開発論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
教材開発,  対話ソフト学習,  情報教育,  学習支援システム,  操作プロセス,  

本文: PDF(598.6KB)>>
論文を購入



あらまし: 
パソコン初心者がソフト操作を効率的に学習するためには,マンツーマンに近い丁寧な指導を受けることが望ましい.しかしながら,IT講習会や情報リテラシーの授業などでは,教師の人数に限りがあるため,受講者の質問に対し迅速に対応することは難しい.したがって,本研究では個別に対応することで初心者のソフト操作学習を支援する.具体的には,システムが初心者の操作をモニタすることで,その操作に同期しながら次の操作手順を誘導する対話型ソフト学習を提案する.この際,その操作方法を簡潔に説明した静止画像を操作ごとに提示することで,操作方法を視覚的かつ具体的に教示する.加えて,初心者の進度に適した操作誘導を実行するために,初心者が誤った操作を行ったときのみ,正しい操作方法を提示及び誘導する支援手法も提案する.このような教材を生成するためには,教材作成者の手間と労力を要するため,操作説明画像を自動的に生成する.作成者が一連の操作を実行することで,システムがその操作ログを自動的に取得し,画面を動的にスクリーンキャプチャすることでこれを実現する.最後に,本研究の有効性を明らかにするために,パソコン初心者と教師を対象とした実証実験により,システム評価及び考察を行った.