創造的な課題解決を支援するグループ発想支援システム

南野 謙一  照井 孝幸  木下 哲男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J91-D   No.2   pp.166-177
発行日: 2008/02/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (教育システムにおけるプラットホームとコンテンツ開発論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
創造的な課題解決,  グループ発想法,  ソフトウェア演習,  グループ学習,  グループウェア,  

本文: PDF(786.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定基準における学習・教育目標の設定に示されているように,大学教育では,創造性を考慮した,専門知識を問題解決に応用できる能力,社会の要求を解決するためのデザイン能力,の育成が重視されてきている.このような教育の一つの実践方法として,我々はこれまでにグループ発想法を開発し,ソフトウェア演習(プログラミング演習)における創造的な課題解決を対象としたグループ学習を提案してきた.本グループ発想法では,グループで個人のアイデアを,同時にかつ独立に,ソフトウェアとして実現可能なアイデアへと発展させる.本研究では,紙のシートを用いて行ってきたグループ発想法をコンピュータにより効果的に支援するシステムを実現する.シートの電子化により生じたコミュニケーションの減少の問題を改善するため,前向きなアイデア評価をもとにしたコミュニケーションのルールを導入したグループ発想法を提案し,アイデア評価とチャットによるコミュニケーション機能により効果的に支援する.ソフトウェア演習への適用実験より,シートの電子化によるコミュニケーションの減少の問題を改善し,なおかつ互いに評価結果を確認しコミュニケーションにより意思疎通を図り,アイデアを発展させるための糸口となるコミュニケーションにつながることが確認できた.