画像ベースライトトランスポートを用いた凹面スクリーン表面の反射ひずみ補償

波部 斉  佐伯 信雄  松山 隆司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J91-D   No.11   pp.2684-2695
発行日: 2008/11/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 画像認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
没入型投影ディスプレイ,  反射ひずみ補償,  相互反射,  幾何変換,  ライトトランスポート,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
没入型投影ディスプレイシステムなどで用いられる凹面スクリーン上に映像を投影したとき,相互反射や表面反射特性の影響で,入力された映像の明暗パターン がひずんで鑑賞者へ提示される.本論文では,これらの影響を補償し意図する映像を忠実に再現する手法を提案する.原理的には,プロジェクタ(光源)からスクリーン,鑑賞者とたどるライトトランスポートを求め,その逆変換を施すことで反射ひずみ補償が達成され,いくつかの例が提案されている.しかし,それらは本来面積をもった画素同士の対応であるライトトランスポートを,点同士の対応関係として近似的に定式化しているため,近似誤差によって反射ひずみを正しく補償できない場合がある.提案手法は,単純な点対応で生じる,単位入射光を投影したときの直接反射と相互反射の境界部分の急激な明度変化が観測できないという問題に対し,プロジェクタとカメラの間の幾何的対応関係をとり,幾何変換を行った上でライトトランスポートを求める.これにより,凹面スクリーンの幾何形状に応じたコンパクトなライトトランスポートで反射ひずみ補償が可能となった.