四分木表現に基づくグラフカット画像分割

奥田 透也  末松 伸朗  林 朗  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J91-D   No.10   pp.2540-2549
発行日: 2008/10/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 画像認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
画像分割,  四分木,  グラフカット,  

本文: PDF(996.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では四分木表現を利用したグラフカットに基づく画像分割法を提案する.画像分割をグラフカット問題として表し,グラフカットの多項式時間アルゴリズムを利用して画像分割を行う方法が近年注目されている.しかし,その方法では画像の各画素をグラフの頂点とするため,高解像度の画像を分割するためには多くの計算コストがかかる.そこで本論文では四分木表現で表された各画像領域を頂点とすることでグラフの規模を縮小し,計算コストの低減を行う.また,提案手法はある程度広がりをもつ画像領域の情報に基づくグラフカットであるため,1画素を頂点とする手法よりも多くの場合に高い精度を達成できる.また本論文では,提案手法の精度及び速度の面における有効性を実画像を用いた実験により示す.