二次元的な構造変調を利用した単色電子源の逐次伝達法による解析

本多 哲也  加藤 初儀  加藤 初弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J91-C   No.7   pp.393-395
公開日: 2008/07/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: ショートノート
専門分野: 
キーワード: 
RTM,  単色電子源,  共鳴透過,  滞在時間,  

本文: PDF(129.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
半導体基板上の二次元電子の動きをゲート電極により制御することで電子の共鳴透過を実現し,単色電子源として利用可能であることが知られている.固体中の伝導現象を解析するために開発された逐次伝達法(RTM)を用いると,この二次元電子のゲート電極での滞在時間を解析できることを示す.