衛星通信用光給電フェイズドアレーアンテナの基礎実験

藤野 義之  佐藤 正樹  田中 正人  平良 真一  小原 徳昭  岩本 竜一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J91-C   No.1   pp.75-83
公開日: 2008/01/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (光・無線融合技術をベースとするシステムとデバイス論文特集)
専門分野: 計測・アンテナ技術
キーワード: 
光給電,  衛星通信,  Ka帯,  Radio-on-Fiber,  

本文: PDF(940.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,衛星通信においては搭載アンテナの大型化が著しい.この場合,大型アンテナとそれらに信号を送る給電線の軽量化が必須の技術的課題となっている.このため,情報通信研究機構では衛星構体からアンテナまでの給電線を光に置き換えることで高機能アンテナの搭載における重量の増加を解決することを目指している.今回,衛星搭載のための光給電フェイズドアレーアンテナとして,2ビームの送信系を構成し,ビーム走査実験を行い,更に受信部の基礎実験を行うことでKa帯の衛星通信に対する有効性を検証したので報告する.