光ファイバ無線システム用小型DFBレーザモジュール

那須 秀行  木村 俊雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J91-C   No.1   pp.128-135
公開日: 2008/01/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (光・無線融合技術をベースとするシステムとデバイス論文特集)
専門分野: デバイス技術
キーワード: 
光ファイバ無線,  DFB-LD,  Cooled TOSA,  三次相互変調ひずみ,  相対雑音強度,  

本文: PDF(834.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
光ファイバ無線システムへの適用を目的に,フットプリントが小さく,低消費電力を実現する冷却型DFB-LDMを開発した.Cooled TOSA MSA規格に準拠したパッケージを採用することで,実装を容易にするとともに,バタフライDFB-LDMと比較して,1/4の実装面積にした.開発したLDMは,十分な信号性能と低消費電力を実現するだけでなく,その構造を最適化することで,100 GHz間隔のWDMシステムで要求されるLDの発振波長安定性も実現した.信号性能を評価した結果,-35 dBの反射戻光がある条件において,IMD3は-65 dBc以下,RINも-150 dB/Hz以下という要求特性を十分に満足した.更に信頼性試験を実施した結果,すべての項目において十分に満足する結果が得られ,実際のシステムへ適用可能であることが明らかになった.