トータルレコーディング技術に基づく地上デジタルテレビジョン放送信号伝送特性の精密測定法

竹本 淳  田村 祐介  唐沢 好男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J91-C   No.12   pp.753-763
公開日: 2008/12/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (マイクロ波論文(大学発)特集)
専門分野: EMC・応用
キーワード: 
地上デジタルテレビジョン放送,  HDTV移動体受信,  トータルレコーディング,  トータルレコーダ,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
地上デジタル放送の移動体受信や低電界エリアでの伝送特性評価には,時間及び周波数領域での高分解能な伝搬特性の把握(精密測定)が必要であるが,この目的を満たす従来の測定法には十分なものが存在しない.また,従来の計測器においては数秒おきのデータ取得となることから,高速に移動する移動体での評価には適していない.そこで,本論文では,高SN比の信号が受信される場所と被測定環境との2点で同時収録を行い,高SN比信号を基準信号として目的信号を精密に解析する新しい測定法を提案する.前半では,オフライン処理での地上デジタルテレビジョン放送の移動体受信解析を支援する目的で,実際に受信される変調波,特に地上デジタル放送の電波形式(放送波の変調方式(OFDM及び64QAM等))を崩すことなく信号品位を維持した記録・再生が可能であるトータルレコーディングの技術を述べる.また後半では,2台のトータルレコーダを用いて,被測定信号と高品質信号を2箇所で同時に収録し,オフライン処理により双方の同一シンボルの同期を行い,復調信号のコンスタレーションの比較を行うことで,時間及び周波数分解能の極めて高い伝搬環境の精密な測定が可能であることを述べる.