独立成分分析を利用した不等間隔リニアアレーのためのブラインドアレー校正手法

島田 裕平  山田 寛喜  山口 芳雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.9   pp.980-988
発行日: 2008/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (高速無線通信を支えるアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: 無線システム
キーワード: 
不等間隔アレーアンテナ,  到来方向推定,  素子間相互結合,  アレー校正,  独立成分分析,  

本文: PDF(633.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
アレーアンテナを用いた高分解能到来方向推定法として,相関行列の固有値展開に基づくMUSIC法などの応用が活発に研究されている.実際のアレーアンテナにおいて,高い波源分解能特性を実現するためには,アレーの素子間相互結合の校正が不可欠となる.本論文では,実際のアレー環境で素子間相互結合の校正を行うことを目標とし,到来方向が未知の複数の到来波からなる観測データを用いたアレー校正手法を提案する.本提案手法は不等間隔アレーなどの任意のアレー形状に適用可能である.提案手法では独立成分分析を用いることで観測データを各到来波成分ごとに分離し,これらの分離信号を校正用参照データとし,反復計算によりアレー校正行列を推定している.本論文では,シミュレーションと実験によってその有効性を検証している.