無線センサネットワークにおけるMultilateration位置推定法の精度向上手法

徳永 雄一
伊戸 靖則
平岡 精一
横田 裕介
大久保 英嗣

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B    No.9    pp.1113-1124
発行日: 2008/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 計測・探査
キーワード: 
位置推定,  センサーネットワーク,  無線通信,  

本文: PDF(759.3KB)>>
論文を購入



あらまし: 
基準点と対象間の距離情報から位置を推定する手法としてMultilaterationが広く利用されている.Multilaterationは,非線形連立方程式を最小二乗法によって解くことで,測距誤差に強く,高精度な位置推定を実現している.しかし,無線センサネットワークのノード位置推定に適用する場合,基準点と対象の配置関係によっては,解の不定,予測範囲外の誤差発生といった問題を生じる.この問題を解決するため,非線形連立方程式を常微分方程式の初期値問題として解く方法を提案する.更に,IEEE802.15.4に準拠した測距デバイスによる位置推定評価を行い,提案手法の位置推定精度と安定性に対する有効性を示す.