ダウンスケールモデルによる測定を目的としたUWB帯域用CaTiO3ファントムの開発

横田 悠一  宮田 明良  藤本 勝大  前田 忠彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.6   pp.713-716
発行日: 2008/06/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
ファントム,  UWB,  スケールモデル,  チタン酸カルシウム,  

本文: PDF(609.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文ではUWB帯域用スケールモデルファントムを実現するため,新たにチタン酸カルシウムをファントムに用いることを提案し,所望の電気特性を誤差10%以内の精度で実現した.また,本ファントムの適用例としてアンテナの入力インピーダンスの測定結果についても併せて報告する.