Linuxを用いたIPオフローディングLSI制御ソフトウェア開発

西田 享邦  川合 健治  小池 恵一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.5   pp.527-540
発行日: 2008/05/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 通信デバイス・回路
キーワード: 
Linux 2.4,  ミドルウェア,  Gbit/s,  

本文: PDF(840.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
FTTH(Fiber to the home)の普及により通信帯域が広がり,トリプルプレイサービスなどがインターネット上で提供されてきている.更なるサービス展開を見据えギガビットサービスを開始する通信事業者も現れるようになり,コンシューマに対するギガビットサービス提供が現実味を帯びてきている.このような背景のもと,IPオフローディングタイプのネットワークプロセッサを開発してきた.IPオフローディングタイプのネットワークプロセッサは,ソフトウェアと連携し互いの状態を等しく保つ必要がある.そこで,Linux 2.4をOSとして連携動作を可能とするファームウェアを開発したので報告する.