据置用80 Ahリチウムイオン電池を搭載した通信用直流電源システムのフィールド試験

松島 敏雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.3   pp.291-299
発行日: 2008/03/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 電子通信エネルギー
キーワード: 
通信用直流電源,  リチウムイオン二次電池,  浮動充電,  小型軽量化,  

本文: PDF(4.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
通信用等のバックアップ電源に適用可能な,単電池容量80 Ahの大容量リチウムイオン二次電池を適用した通信用直流電源システムの概要,基本特性とフィールド試験結果を述べている.この通信用直流電源システムは屋外設置タイプで,最大出力電流は30 Aである.使用したリチウムイオン二次電池は,通信用直流電源システムの浮動充電方式に適合する定電流定電圧充電特性を有し,10~1時間率の放電電流範囲において放電容量がほぼ一定で3.5 V以上の高い電圧を示す.リチウムイオン二次電池は,制御部を備えた12個直列組電池が並列で使用され,従来の制御弁式鉛蓄電池の使用時に比べ,蓄電池部の重量・大きさがそれぞれ約1/4,約1/3に低減された.また,実際に通信サービスを提供中の携帯電話用無線基地局におけるこれまでの1年余のフィールド試験において,本直流電源システムは良好に動作し実使用環境における有効性が確認された.