BPELエンジンを用いたユーザカスタマイズサービス合成・切換技術の研究開発

山登 庸次  中野 雄介  須永 宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.11   pp.1428-1439
発行日: 2008/11/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: インターネット
キーワード: 
サービス合成,  サービス切換,  BPEL,  Webサービス,  Semantic Web,  

本文: PDF(437.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
将来のユビキタスコンピューティング環境では,コンテクストアウェアサービス・カスタマイズサービスが期待されており,ユーザに応じて柔軟にサービスを提供する技術が必要である.本論文では,市中のBPEL(Web Services Business Process Execution Language)エンジンとSemantic Webを用いて,ユーザに適切なサービスコンポーネントを発見,選択し,連携サービスとして提供するサービス合成技術を提案する.市販のBPELエンジンを利用することで,低コストで商用機能を備えたシステムを実現可能であり,また,利用者の用途に応じて適切なBPELエンジンに変更が可能である.提案方式は,U-ske(Ubiquitous Service Kernel Emulator)が,意味的な情報を用いて,適切なサービスコンポーネントを発見,選択し,BPEL記述を生成して,BPELエンジンにデプロイし,BPELエンジンが,個々のサービスコンポーネントの連携実行を行う.また,併せて,通常のBPELエンジンを用いた際には実現が困難な,サービス実行中のユーザ状況変化に伴うサービスコンポーネント切換技術についても提案する.提案方式を実装し,BPELエンジンを用いたサービス合成・切換の実現性,マルチベンダのBPELエンジンへの実装コスト,処理性能の評価を通じて,提案方式の有効性を示す.