拡散現象を指導原理とする自律分散フロー制御の実装に向けたアクティブフロー数計測技術の検討

高野 知佐  山内 正志  会田 雅樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.10   pp.1254-1266
発行日: 2008/10/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
トラヒック,  フロー制御,  拡散方程式,  自律分散制御,  

本文: PDF(568KB)>>
論文を購入




あらまし: 
筆者らはこれまで,高速ネットワークの制御に求められる短い制御遅延の要求を満足するために,自律分散で動作する拡散型フロー制御技術を提案してきた.この技術は,局所的なネットワーク情報のみに基づくノードの自律動作によって,間接的にネットワーク全体を適切な状態に導く制御技術である.本論文では,自律分散システムとしてのモジュール構成を考慮しながらネットワークシミュレータns2への実装を行い,動作特性の評価・分析を行った.この結果,複数フローが混在する環境での適切な制御動作を実現するためには,アクティブなフロー数に関する情報を局所的に推定する技術が必要であることが分かった.この課題を解決するため,拡散型フロー制御技術の改良方式を提案し,その効果を確認した.また,この改良により,複数フロー間のパケットスケジューリングを簡略化することが可能となり,より簡易な実装技術に結び付けることができた.