ミクロ変数の推計に基づくアセットアロケーション戦略

加納 良樹  寺野 隆雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J90-D   No.9   pp.2398-2406
発行日: 2007/09/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (ソフトウェアエージェントとその応用論文特集)
専門分野: エージェントベースシミュレーション
キーワード: 
人工市場,  逆シミュレーション,  ミクロマクロループ,  エージェントベースシミュレーション,  行動ファイナンス,  

本文: PDF(646.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
株価は多数の投資家による相互作用によって形成されている.ここで,各投資家の内部状態をミクロ変数と考えるとき,株価とはマクロ変数であり,ミクロ変数の相互作用の結果として形成されるものととらえることができる.このため,投資家の内部状態を推計できれば,株式市場の特徴の理解や他市場との比較が容易となる.しかしながら,ミクロ変数を直接観察するには大きなコストがかかる.そこで本研究では投資家の内部状態などの実際には観察することが難しいミクロ変数を人工市場を用いて推計する手法を提案する.また,応用例として,ミクロ変数の推計を通じた株価予測手法とアセットアロケーション戦略も紹介する.