再帰反射性メッシュマーカによる三次元形状のリアルタイムキャプチャ

山根 克  谷江 博昭  中村 仁彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J90-D   No.8   pp.1938-1947
発行日: 2007/08/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: センシング
キーワード: 
モーションキャプチャ,  三次元形状,  リアルタイム計測,  再帰反射性メッシュマーカ,  

本文: PDF(752.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,再帰反射性のテープをメッシュ状に組み合わせたものを複数のカメラから観測した画像を用いて,三次元形状データを再構成する方法を提案する.メッシュの各交点をマーカとみなすと,従来の球状マーカと比べて計測点数を10倍以上に増やすことが可能となる.受動光学式モーションキャプチャではマーカの密度が高くなると三次元再構成が困難になるが,本研究ではマーカ間の結合情報を利用することにより三次元再構成のための計算を高速化し,誤認識を減らす.実験により,メッシュマーカを使うと計測点数が約400個あるときにも15 fpsでのリアルタイム計測が可能であることを示す.この技術により,人間の運動中の身体や衣服の形状変化が計測できるようになる.また,マーカが突起物とならないため運動に対する拘束がなく,転倒時における安全性も高い.