動的リコンフィギャラブルデバイスDRPを用いたロボット聴覚のための音源分離フィルタ

黒瀧 俊輔  鈴木 紀章  中臺 一博  奥乃 博  天野 英晴  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J90-D   No.3   pp.897-907
発行日: 2007/03/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
動的リコンフィギャラブルデバイス,  DRP,  ロボット聴覚,  音源分離,  

本文: PDF(942.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,人間と共生するロボットが多数登場してきている.これらのロボットが人間と言語を用いたインタラクションを行うためには音声認識が必要となるが,従来の音声認識手法は単一音源を対象としているため,複数人の同時発話や周囲に雑音がある環境では著しく認識精度が低下してしまうという問題がある.よって,実環境での音声認識にはその前処理として,混合音から注目する音声信号のみを抽出する音源分離処理が不可欠となる.実時間で音源分離を行うためには多大な計算コストを要する一方で,自律型のロボットは消費電力やシステムのサイズ等の面で厳しい制限をもつため,汎用プロセッサによる実装は現実的ではない.そこで,本研究ではNECエレクトロニクス社の動的再構成可能プロセッサDRP-1上に音源分離処理を実装し,ロボットへの搭載に適したシステムを目指した.実験の結果,DRP上の音源分離フィルタは実時間で精度の良い音源分離を実現し,低面積コストかつ,FPGAなど従来のデバイスと比較して低消費電力で必要な性能を実現できる事が示された.