マルチスレッドアーキテクチャOChiMuS PE向けシステムソフトウェアにおけるスレッド固有メモリの管理方式

佐藤 未来子  笹田 耕一  内倉 要  小笠原 嘉泰  品川 高廣  中條 拓伯  並木 美太郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J90-D   No.3   pp.837-847
発行日: 2007/03/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: システムプログラム
キーワード: 
マルチスレッドアーキテクチャプロセッサ,  オペレーティングシステム,  スレッド,  メモリ管理,  

本文: PDF(684.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,筆者らが提案するマルチスレッドアーキテクチャOChiMuS PEに備えるスレッド制御機能を活用して,スレッド固有の仮想アドレス空間をユーザレベルにおいて柔軟にかつ軽量に管理するためのメモリ管理方式を提案する.ユーザレベルでスレッド固有の仮想アドレス空間を管理する場合,OSとユーザレベル間でスレッド固有の仮想アドレスに関する管理情報の一貫性を保つ必要があり,従来方式ではカーネル遷移を要していた.本方式では,OChiMuS PEの各実スレッドで保持する「論理スレッド番号(LTN)」を,ユーザレベルで管理するスレッド固有の仮想アドレス空間の識別子として使用することにより,スレッド固有の仮想アドレス空間の管理にかかわるカーネル遷移をなくし,システムソフトウェアにおけるスレッド固有メモリに対する管理コストを軽量化した.シミュレーションにより,本論文で提案したメモリ管理方式を評価し,その有効性を得ることができた.この結果,スレッド固有の仮想アドレス空間をユーザレベルで柔軟に管理可能とし,マルチスレッドプログラムにおけるスレッド固有メモリの積極的な利用を可能にした.