ウェブ画面の見やすさに関する若年者と高齢者の違い―文字の大きさ,グループ化,画面密度,アイテムの配置方法,リンク情報の分かりやすさの影響―

村田 厚生
森若 誠

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J90-D    No.3    pp.788-797
発行日: 2007/03/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (情報福祉論文特集)
専門分野: 高齢者・加齢補助
キーワード: 
探索のしやすさ,  年齢,  文字の大きさ,  グループ化,  アイテムの配置方法,  

本文: PDF(958.2KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本研究では,ウェブページの探索時間及び被験者による主観評価の観点から,探索しやすいウェブページが備えるべき条件について調査した.文字の大きさ,グループ化の有無,画面密度,アイテムの配置方法,リンク情報の分かりやすさ及び年齢を実験要因とし,探索しやすいウェブページが備えるべき要因はどれであるか,若年者と高齢者で探索しやすいウェブページが異なるか,若年者・高齢者の両方にとって探索しやすいウェブページについて調査した.その結果,若年者と高齢者では探索時間に影響を与える要因が異なっており,若年者ではグループ化の有無,アイテムの配置方法といったどこに何があるかというような認知的要因がウェブ画面の探索時間に影響を与えることが示された.一方,高齢者では文字の大きさのように個々の文字が見やすいかどうかというような視覚的要因がウェブ画面の探索時間に影響を与えることが示された.