現実物体操作の逐次観測による柔軟物体モデルの漸進的パラメータ推定

籔内 智浩  角所 考  美濃 導彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J90-D    No.1    pp.94-105
発行日: 2007/01/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータグラフィックス
キーワード: 
柔軟物体,  モデリング,  漸進的パラメータ推定,  物体操作,  実数値GA,  

本文: PDF(621.4KB)>>
論文を購入



あらまし: 
VRシステムにおいてリアルな柔軟物体操作を実現するために,現実世界で物体操作を逐次観測し,その際の形状を再現できる仮想物体モデルのパラメータ値を漸進的に推定する手法について議論する.従来から,CG等の分野において,柔軟物体の変形特性をモデルパラメータで表現した仮想物体モデルを用いて,布などの柔軟物体がモデル化されている.近年,このパラメータ値を現実物体操作の観測結果から推定し,未観測操作に対する形状を再現することが試みられている.これらの研究では,観測される操作は事前に決まっているが,未観測操作に対する形状再現のために観測しておくべき操作を事前に知ることは現実には困難である.そこで,本研究では,現実物体操作の逐次観測を通じてモデルパラメータ値を徐々に調整する,"漸進的パラメータ推定"を実現することで,現実世界で生じ得る任意の操作に対する形状を再現し得るモデルパラメータ値を,あらかじめ観測すべき操作を定めることなく獲得することを目指す.