ヒストグラム構築コストを考慮した高速物体検出

田口 真吾  大町 真一郎  阿曽 弘具  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J90-D   No.10   pp.2858-2867
発行日: 2007/10/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 画像・映像処理
キーワード: 
物体検出,  色ヒストグラム,  枝刈り,  アクティブ探索法,  

本文: PDF(424.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
画像中からの物体検出は応用が多岐にわたる.例えば,画像データベースからのコンテント検索や,認識の前処理としての領域切出し等がある.物体の特徴の中でも,色ヒストグラムは形状に関する特徴と比較して検出時の物体の三次元的な変化やオクルージョンに頑健であると報告されている.本論文では色ヒストグラムを利用した上で,検出の処理時間を支配している色ヒストグラム構築に必要なコストを削減することで高速に物体を検出する手法を提案する.実験を通じ,提案手法は従来手法と比較してコストが削減されること,及び処理時間が短縮されることを確認する.