縦並列構成ダイレクトサンプリングミクサの設計・試作

森下 陽平  荒木 純道  細川 嘉史  齊藤 典昭  倉科 隆  松澤 昭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J90-C   No.12   pp.903-912
公開日: 2007/12/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (マイクロ波論文(大学発)特集)
専門分野: 能動回路
キーワード: 
ダイレクトサンプリングミクサ(DSM),  離散時間受信機,  減衰極,  トランスコンダクタンスアンプ(TA),  

本文: PDF(879.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,ダイレクトサンプリングミクサ(DSM)の広帯域化の手法を提案する.DSMを縦並列に構成することにより,単一の初段アンプで伝達関数の高次化を実現する.更に,高次化された伝達関数に対し,減衰極設計を提案する.また,トランスコンダクタンスアンプ(TA)の出力コンダクタンスと寄生容量が縦並列構成の利得の低下をもたらすことを示し,次にその利得低下を改善する手法を提案する.提案方式の有効性を確認する目的で測定評価を行ったので報告する.