MIMO-OFDM固有ビーム空間分割多重方式における各種フィードバック量削減手法の比較検討

大渡 裕介  小川 恭孝  西村 寿彦  大鐘 武雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J90-B   No.9   pp.885-895
発行日: 2007/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ユビキタス社会のためのアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: 無線システム
キーワード: 
MIMOシステム,  固有ビーム空間分割多重,  OFDM,  フィードバック情報量,  コードブック,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
MIMO-OFDM空間分割多重において,送信側でチャネル情報(CSI)が既知,若しくは,受信側から用いるべき送信ウェートが報知される場合,固有ビーム空間分割多重(E-SDM)方式を用いることができ,MIMOチャネル最大の容量が得られる.筆者らはこれまで時間領域で最小二乗法を適用し,推定したCSIのうち,主要な成分のみをフィードバックすることにより,情報量が削減できることを報告してきた.本論文では,筆者らが提案しているCSIフィードバック手法及びコードブックを用いた送信ウェートフィードバック手法について比較検討を行った.その結果,各手法におけるフィードバック情報量をほぼ等しくした場合,情報量が少ない4×2 MIMOにおいては送信ウェート行列をフィードバックする手法の特性が,情報量が多い4×2 MIMO,及び4×4 MIMOにおいてはCSIフィードバック手法の特性が良好であることが確認された.