地板にスリットを有する低相関・低結合なパターンダイバーシチアンテナ

大石 崇文  大舘 紀章  関根 秀一  庄木 裕樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J90-B   No.9   pp.844-853
発行日: 2007/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ユビキタス社会のためのアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: アンテナ
キーワード: 
ダイバーシチアンテナ,  相関,  結合,  地板電流,  

本文: PDF(2.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
携帯情報通信端末機器は,無線LAN(Local Area Networks)などの無線機能搭載が進み,様々な環境下で使用されるようになった.その結果,使用環境によらず安定した通信が行えることが求められている.この要求を満たすため,広い範囲で受信を可能とするパターンダイバーシチが有効である.しかし,内蔵アンテナを考えた場合,アンテナが設置される地板上に漏えいする電流からの放射の影響によって,アンテナの放射パターンは変化する.また,内蔵アンテナにおいては,狭いスペースに複数のアンテナが配置されるため,アンテナ間の相関と結合が問題となる.そこで,本論文では,地板上の電流からの放射に着目し,地板上にスリットを入れる方法を提案し,シミュレーション及び測定によって低相関で低結合なダイバーシチアンテナが実現できることを確認している.