P2Pネットワークにおけるキャッシュコンテンツすみ分けを利用した負荷分散法

大林 功実  朝香 卓也  高橋 達郎  佐々木 純  品川 準輝  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J90-B    No.8    pp.720-733
発行日: 2007/08/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
Unstructured型P2P,  Gnutella,  べき乗則,  人気度,  負荷分散,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入



あらまし: 
ファイル共有などで主に利用されているUnstructured型P2Pネットワークでは,べき乗則に従うトポロジーが形成される傾向がある.またコンテンツの人気度の分布にも同様の性質が見られる.そのため隣接ピア数の多いピアにかかる負荷が著しく大きくなり,更に稀少コンテンツを発見できないことによるネットワーク全体のヒット率が不十分であるという問題がある.そこで本論文ではこれら二つの問題を同時に解決する各ピアによる自律分散的なキャッシュ置換え方式を提案する.本論文で提案する方式は各ピアの隣接ピア数に応じたキャッシュ置換えを行うことで,隣接ピア数の多いピアへの過負荷を低減し,同時にネットワーク全体のヒット率を向上させる.またシミュレーションによる評価を行い,提案方式の有効性を示す.