モバイルアドホックネットワークのインターネット接続方式

間瀬 憲一  大和田 泰伯  前野 誉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J90-B   No.4   pp.361-369
発行日: 2007/04/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
アドホックネットワーク,  マルチホップ,  インターネット,  マルチゲートウェ イ,  

本文: PDF(791.3KB)
>>論文を購入


あらまし: 
モバイルアドホックネットワークにおいてモバイルノード(MN)のいくつかがイン ターネットと接続し,これらのMN(GW-MNと呼ぶ)を 介して他のMNがインターネットと通信するシナリオを考える.提案方式では,GW-MNが直接つながるイン ターネット内のルータ(アクセスルータ)がインターネットゲートウェイ(IGW) となり,プレフィックスをGW-MNを介してMANETに広告する.MNはこのプレフィッ クスを用いて気付アドレスを生成する.提案方式はIGWの数を最小化する仕組み を備えており,GAP(Gateway Aggregation Protocol)と呼ぶ.GW-MNを変更して もいったん獲得した気付アドレスを継続利用できる.この結果,アプリケーション への影響は原理的に生じないため,任意のタイミ ングでのGW-MNの変更が可能になる.また,MANET内でのオーバヘッドも比較的 少ない方式である.本論文では,本プロトコルの詳細,他方式との定性的比較, シミュレーションによる性能評価について述べ,本方式の優位性を示す.