プリント回路基板の端を折り曲げることによる電磁波放射抑制効果

戸花 照雄  笹森 崇行  阿部 紘士  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J90-B   No.2   pp.161-168
発行日: 2007/02/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 電磁環境・EMC
キーワード: 
プリント回路基板,  端を折り曲げた基板,  FDTD法,  コモンモード電流,  放射抑制効果,  

本文: PDF(1009.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
有限な大きさのプリント回路基板からの放射電磁波は,基板上を流れるコモンモード電流が発生することにより深刻になり,特に地板の幅が小さいときに大きな放射が起こることが知られている.この電磁波放射を抑制するためにプリント基板の端を折り曲げる方法を提案し,マイクロストリップ線路をもつプリント基板を用いて端の折り曲げる条件を様々に変化して解析を行い,その放射抑制効果について検討した.解析方法としてFinite Different Time Domain法を用いた.解析結果より,折り曲げる端の長さが大きいときに大きな放射抑制効果が得られ,特に,基板の端付近に線路を配置した場合には,線路に近い片端を折り曲げるだけで十分な放射抑制効果が得られることを示した.また,最大放射電界強度の測定結果が解析結果と同様の傾向を示すことにより解析結果の妥当性を確認し,提案した方法により不要電磁波放射を効果的に抑制できることを示した.