遅延保証を目的とした出力レート制御方式ORC-GPS

花田 真樹
中里 秀則

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J90-B    No.2    pp.113-126
発行日: 2007/02/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
GPS,  EDF,  リアルタイム,  決定的遅延保証,  スケジューラブル領域,  

本文: PDF(691.4KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,遅延保証を目的とした出力レート制御方式であるOutput Rate-Controlled Generalized Processor Sharing (ORC-GPS)を提案する.近年,決定的あるいは統計的遅延保証を行うために,Generalized Processor Sharing (GPS)やEarliest Deadline First (EDF)に基づく多くのスケジューリング方式が提案されている.本論文で提案するORC-GPSは,GPSのように各セッションを重みに従ってサービスする方式であり,これに加えて,各セッションの最大遅延が不必要に増加しないようにサービスの制限を行う機能を有している.これにより,従来方式(GPSとEDF)と比較して,最大遅延を減少させ,同等以上のスケジューラブル領域が得られる.