コモンモード電位分布に基づくプリント回路基板の等価アンテナモデル

酒井 陽平  渡辺 哲史  豊田 啓孝  古賀 隆治  和田 修己  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J90-B   No.11   pp.1116-1123
発行日: 2007/11/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (広帯域化するEMC技術論文特集)
専門分野: 回路・PCB
キーワード: 
コモンモード,  EMI,  プリント回路基板,  コモンモード電位変換係数,  等価アンテナモデル,  

本文: PDF(962.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
筆者らはこれまでにプリント回路基板から発生するコモンモード放射を高速に予測するための等価アンテナモデル(コモンモードアンテナモデル)を提案している.本論文では,マイクロストリップ線路の帰路面幅が広い場合に,提案しているコモンモードアンテナモデルの適用範囲が限定されるという問題を解決するために励振モデルの拡張を行った.そのために,新たにコモンモード電位変換係数を定義し,ノーマルモード電圧から変換されるプリント回路基板上のコモンモード電位の分布を仮定した.この仮定に基づいた励振モデルをコモンモードアンテナモデルに適用することによって,実用上十分な精度で放射遠方電界が予測できることを実験及びFDTD法を用いた数値解析により示した.