DCT係数の正負符号と位相限定相関との関係について

伊藤 泉  藤吉 正明  貴家 仁志  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J90-A   No.7   pp.567-577
発行日: 2007/07/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
DCT符号限定画像,  DCT,  鏡像位相限定相関,  位相限定相関,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
信号の離散コサイン変換(DCT)係数の正負符号が,その信号を拡張した離散フーリエ変換の位相項に相当することを理論的に述べ,これに基づきある特別な場合の位相限定相関として,DCTの正負符号による鏡像位相限定相関という新しい相関法を提案する.方向推定処理を追加することによって,位相限定相関と同様に,画像の並進移動に対しDCTの正負符号を用いて移動量を推定するできることが確認される.シミュレーションによって,本論文における理論の妥当性を整数ピクセル精度の移動量推定を例にして示し,更にDCT係数の正負符号を用いる有意性がJPEG符号化画像に対する画像同定問題において述べられる.