スペクトルの微細構造を考慮した風雑音除去手法

黒岩 眞吾  森 陽司  高階 政吏  柘植 覚  任 福継  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J90-A   No.1   pp.1-12
発行日: 2007/01/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 電気音響,音響一般
キーワード: 
スペクトル減算法,  参照用スペクトル包絡,  スペクトル包絡,  スペクトル微細構造,  風雑音,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,パワーやスペクトル形状の変化の大きい風雑音を高精度で推定する手法を提案する.提案手法は,複数の参照用風雑音スペクトル包絡を用いフレームごとに風雑音のスペクトル包絡を推定するとともに,当該フレームから得られる観測信号の微細構造を用い風雑音スペクトルを推定し雑音除去を行う.提案手法の評価を行うため,扇風機により発生させた風雑音を用いたシミュレーション実験を実施した.客観評価実験としてセグメンタルSNR(SNRseg)による評価を行った結果,提案手法はスペクトルサブトラクション(SS)法よりも大幅なSNRseg の改善を達成した.また,CMOSによる主観評価実験を行った結果,客観評価と同様にSS法と比較して大幅な改善を達成し,提案手法の有効性が示された.また実験に用いたデータを調べた結果,提案手法を用いれば,推定スペクトルと実際の雑音スペクトル間のミスマッチを低減することができ,ミュージカルノイズと呼ばれる人工的な雑音の抑制にも有効であることが分かった.