M系列変調信号を用いたTS-MUSICによる多重波の到来方向と遅延時間の同時推定実験

宋 亮
三田 長久
佐々木 知洋
藤本 賢

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J90-A    No.12    pp.922-925
発行日: 2007/12/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集レター (留学生による日本語技術論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
到来方向推定(DOA),  遅延時間推定,  TS-MUSIC,  完全相関波,  M系列,  変調信号,  

本文: PDF(684.5KB)>>
論文を購入



あらまし: 
移動通信において市街地の建物などによる反射,回折,散乱により多重伝搬路が生じ,多重波が互いに干渉してマルチパスフェージングが発生し,通信品質が劣化する問題がある.本論文では,多重波電波伝搬環境の把握を目的に,完全相関波の到来方向と遅延時間の同時推定が可能で高精度のTS-MUSIC法を検討し,狭範囲での2波の推定分離実験でその有効性を確認した.