多重光源画像を利用した三次元情報の画像計測

波部 斉  白水 健介  小林 俊彦  松山 隆司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J89-D   No.9   pp.2065-2074
発行日: 2006/09/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 画像認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
多重光源画像,  画像計測,  ひび割れ,  鉄道道床,  ステレオマッチング,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
画像計測において,単独の画像では得られない情報を補う手法として,多重画像の利用が広く行われている.その中で,本論文では多重光源画像を用いた2種類の画像計測手法を提案する.多重光源画像を用いた従来手法では,正確な形状計測を行うため,表面の反射特性の厳密なモデル化や大掛りな装置が必要とされており,実環境への適用は容易ではない.それに対し本論文では,精密なモデルを用いず,多重光源画像での明度変化に着目して計測対象の大まかな三次元情報を計測する手法を提案する.まず第一の手法では,光源位置を変化させたときの画素値の変化からトンネル壁面のひび割れを検出する.第二の手法では,鉄道道床でのステレオマッチングの精度を向上させるために,様々な方向から照明を照射した画像を統合して利用する.本論文ではこれらの手法の原理及びアルゴリズムを述べ,実画像を用いた実験でその有効性を示す.