Region-based Contour Treeによるディジタル画像からのインタラクティブな領域抽出

諏訪 裕子  水田 忍  松田 哲也  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J89-D   No.9   pp.1999-2012
発行日: 2006/09/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 画像・映像処理
キーワード: 
ディジタル画像,  位相構造,  Contour Tree,  領域抽出,  

本文: PDF(663.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本研究の目標は,医用三次元画像から臓器の形状などの形態情報を抽出することである.従来用いられる画素ベースの領域抽出法のうち,しきい値処理は単純な手続きであり現在でも広く用いられるが,抽出領域の連結性が保証されない.また,リージョングローイング法などの連結領域抽出法では抽出領域内に不要な穴領域が生じ得る.これらの問題は並立・包含など領域間の位相関係を考慮することで解決可能である.本研究ではこのような領域抽出を行う手続きについて検討する.濃淡画像など多次元スカラ場において,領域を囲む等値面の位相構造を表現する手法にはContour Treeが挙げられるが,我々は先に,Contour Treeをディジタル画像から生成する手法(Region-based Contour Tree)を提案した.本論文では,Region-based Contour Treeを用いてディジタル画像からインタラクティブに対象領域を抽出する手法を提案し,ヒト胎児標本画像を用いた評価実験から提案手法の有効性を示す.