固有空間法とDTWによる古文書ワードスポッティング

寺沢 憲吾
長崎 健
川嶋 稔夫

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J89-D    No.8    pp.1829-1839
発行日: 2006/08/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 画像認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
毛筆手書き文書,  ワードスポッティング,  文字切出し,  固有空間法,  DTW,  

本文: PDF(880.3KB)>>
論文を購入



あらまし: 
歴史的文書のディジタルアーカイブの構築を考える場合,毛筆手書き文字に対する文書解析手法の開発は必要不可欠である.本論文では毛筆手書き文書画像に対するキーワード検索のための新しい手法として,文字認識手法によらず画像の部分マッチング問題として検索を行う方法を提案するとともに,提案手法の有効性を実験的に確認する.文字列画像をスリット状に切り出すことにより文字列画像はスリット画像のシーケンスとして表現され,更にこれに固有空間法を適用して低次元化することにより効率的なマッチングが可能となる.また,マッチングに際してDTW(dynamic time warping)を用いて文字の伸縮変形に対応させることにより,更に精度を高めることができる.江戸末期の毛筆文書画像を対象にキーワードの検索を行った実験では,平均適合率73~93%を示した.