生成過程モデルに基づく感情表現におけるF0パターン制御規則の導出と合成音声による評価

河津 宏美  長島 大介  大野 澄雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J89-D   No.8   pp.1811-1819
発行日: 2006/08/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
基本周波数パターン,  感情表現,  喜び,  悲しみ,  音声合成,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
複数の種類及び程度の感情情報を含む音声を対象として,感情が表現された発話の感情の程度と音声の基本周波数パターンとの関係を,その生成過程モデルに基づいて分析した.その結果をもとに,感情制御規則の導出を行った.基底周波数は感情によらず,感情の程度が大きくなるに従って,増加傾向で変化した.フレーズ指令の大きさは,感情によって異なる傾向が見られ,喜びでは,感情の程度の影響を受けずほぼ一定,悲しみでは,感情の程度が大きくなるに従って,減少の変化傾向があった.また,アクセント指令の大きさは感情や文中に現れる位置によって異なる傾向が見られることが分かった.ここで導出した規則を適用した合成音声を作成し,聴取実験により感情の伝達性を評価した.