非同期マルチコンテクストデバイスArixarの提案

安達 義則  堤 聡  天野 英晴  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J89-D    No.8    pp.1739-1750
発行日: 2006/08/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータシステム
キーワード: 
非同期回路,  マルチコンテクストデバイス,  AES,  

本文: PDF(430.1KB)>>
論文を購入



あらまし: 
複数の回路情報をその内部にもち,それらを切り換えてアプリケーションの実行を行うマルチコンテクストデバイスが注目されている.しかしながら,現在のマルチコンテクストデバイスはクロック周波数選択の問題から,その性能を完全には発揮できないでいる.解決策の一つとして,マルチコンテクストデバイスの非同期化がある.しかし,非同期リコンフィギャラブルデバイスの分野においては,実行時に複数のコンテクストを切り換えるマルチコンテクスト機能に関して,まだほとんど研究されていない.そこで本論文では,非同期的なコンテクスト切換手法を利用する非同期マルチコンテクストデバイスArixarを提案する.Arixarはノードを二次元アレー状に配置した構造になっている.そのコンテクストの切換は,ノードがデータパス上か否かで切り換えるタイミングを変化させるものである.これにより,コンテクストの実行と切換を同時に行い,コンテクスト切換にかかる時間を隠ぺいする.アプリケーションによる評価の結果,コンテクストの切換による性能面でのオーバヘッドは数%であることを示すことができた.