Mobicom:部分的な移動性をもつアプリケーションを実現するためのフレームワーク

福田 浩章
山本 喜一

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J89-D    No.12    pp.2543-2552
発行日: 2006/12/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (次世代ワークスタイル論文特集)
専門分野: オフィスインフォメーションシステム応用
キーワード: 
モバイルアプリケーション,  モバイルエージェント,  フレームワーク,  移動,  

本文: PDF(451.3KB)>>
論文を購入



あらまし: 
現在の情報システムでは,ユーザが一意のデータを複数のコンピュータで継続して処理する機会も増えている.しかし,我々が使用するアプリケーションの多くは単一のコンピュータで処理が完結することを前提としており,ネットワークでつながった複数のコンピュータで処理を継続する場合でもデータを保存して転送し,別のコンピュータのアプリケーションで読み込む必要がある.そのため,データを処理できるアプリケーションの有無で使用できるコンピュータは制限される.また,近年のアプリケーションは多機能化し,ユーザが実際に使用するのはその中の一部であることも少なくない.そこで本論文では,アプリケーションに移動性と分離(結合)性を導入し,データと状態を保持したままネットワークを介して必要な機能だけを移動するアプリケーションの提案と,それを実現するフレームワークであるMobicomの提案及び実装を行う.そして,それを用いたアプリケーションを構築して動作と有効性を確認する.Mobicomによってユーザは効率良くアプリケーションを移動し,コンピュータやデータに制限されずに処理を継続することができる.