大規模マルチエージェントシミュレーションにおけるプロトコル記述と実行基盤

中島 悠
椎名 宏徳
山根 昇平
 博史
石田 亨

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J89-D    No.10    pp.2229-2236
発行日: 2006/10/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (サイバーワールド論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
マルチエージェントアーキテクチャ,  大規模シミュレーション,  シナリオ記述言語,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入



あらまし: 
ユビキタス環境の普及に伴い,都市上の人間を支援する大規模な社会情報システムが実現可能となってきた.このような人間を含む大規模なシステムを検証するために,マルチエージェントシミュレーションを用いるアプローチが考えられる.大規模な社会情報システムをシミュレートするシステムの開発においては,応用領域の専門家と計算機の専門家が協調して作業を行う必要がある.また,大規模な社会情報システムのシミュレーションでは,個々のエージェントが直面する状況も多岐にわたる.更に,都市規模の人間を再現するためには,数十万のエージェントを管理するスケーラビリティが必要となる.本研究では,これらの課題を解決するため,シミュレーションシナリオの処理系とエージェント実装との分離を特徴とする大規模マルチエージェントシミュレーションの実行基盤のアーキテクチャを提案し,その実装・評価を行った.