導波管に部分装荷した固形材料の複素誘電率,透磁率の評価法

宮川 隼  辻 正敏  西川 敏夫  脇野 喜久男  北澤 敏秀  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J89-C   No.12   pp.1047-1053
公開日: 2006/12/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (マイクロ波論文(大学発)特集)
専門分野: 測定
キーワード: 
複素誘電率・透磁率の同時評価,  スペクトル領域法,  ハイブリッド解析,  導波管法,  

本文: PDF(662KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マイクロ波材料の複素誘電率,複素透磁率を同時に評価するための導波管による新しい測定法を提案した.この測定手法は拡張スペクトル領域法とモードマッチング法を組み合わせたハイブリッド電磁界解析法(ESDMM)に基づいている.固形試料を導波管内断面に,空げきを残して部分的に装荷した構造に対して,ESDMMを用いることにより,試料の材料特性を高精度に評価することができることを示す.更にこの方法では,単一周波数で,同一試料について,試料の装荷位置を変えた場合のS21を測定することによって,複素誘電率と複素透磁率を併せて評価することができる.