地上ディジタルテレビ放送用マイクロ波帯集中定数型光変調器の試作

生岩 量久  鳥羽 良和  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J89-C   No.11   pp.925-932
公開日: 2006/11/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: レーザ・量子エレクトロニクス
キーワード: 
マイクロ波,  LN光変調器,  番組伝送回線,  地上ディジタルテレビ放送,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
UHF帯(470~770 MHz)で開発,実用化されているニオブ酸リチウム(LiNbO3)の電気光学効果を用いた光変調器をもとに,地上ディジタルテレビ放送の番組伝送回線へ適用すべく,マイクロ波帯で高感度動作する集中定数型光変調器の試作を行い,実現の可能性について検討を行った.地上ディジタル放送の番組伝送回線用の周波数は6~7 GHz帯と10 GHz帯が主に割り当てられていることに加えて,広い帯域幅(6~9 MHz)を有するため,高C/Nを確保するためには,様々な技術課題を克服する必要がある.このため,LN光変調器の方式及び変調電極構造等を根本的に見直すことにより,6 GHzにおいて目標値である約25 dBのC/Nを得ることができた.本システムのC/Nは,入力信号のC/Nが十分高い場合,LN光変調器への入力信号電圧すなわち光変調度により決定される.実際のシステムにおいては,20 dB以上の利得をもつヘッドアンプが挿入されるため,システムとして45 dB以上(目標値)のC/Nを確保することは十分可能と考えられる.