グランド層に入ったスリットをまたぐトレース線路間クロストーク解析モデルとステッチングキャパシタによる低減効果

肖 鳳超  中田 洋平  村野 公俊  上 芳夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J89-C   No.11   pp.885-893
公開日: 2006/11/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (次世代電子機器における先端実装技術と電磁波ノイズ低減技術論文特集)
専門分野: 電磁界評価と干渉低減技術
キーワード: 
磁界結合,  スリット,  グランドプレーン,  ステッチングキャパシタ,  クロストーク低減,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
回路基板において,グランド層に入ったスリットを十分な間隔をおいてまたぐ平行な2本のトレース線路が配置されているとき,この線路間には大きなレベルのクロストーク現象が発生する.この現象が磁界結合(誘導性結合)であることを実験的に明らかにし,これを根拠に等価回路モデルを提案し,実験結果と比較することによって検証している.更に,このモデルを用いてスリット間に挿入するステッチングキャパシタのクロストーク低減効果を評価している.